マリン立ち上げ

8日の日曜にマリンアクア45cm水槽立ち上げました。
e0115283_012191.jpg

まだライブロックが少ない感じですが、なかなかいい物が見つからなくて・・・



そもそもどうしてマリンアクアかというと、動機は色々ですが
 1.GLASS BOXさんが30キューブでやっているのを見て羨ましくなった
 2.磯遊びが好きだから
 3.淡水では使わない器具が色々あって面白そうだった
 4.カクレクマノミを飼ってみたかった(遅れてきたニモブーム)
 5.(上手くいけば)ほぼ無換水でいけるかもしれない
などなど

で、早速ネットで情報収集。が、一様に「なるべく大きい水槽で」と誰もが書いています。
これは困った・・・だって35cmの金魚を移した後の水槽でと考えてましたから。
淡水以上にシビアな水質水温管理が要求されるようなので、当然水量が多い方が良い。
でもよく調べてみると何とか小型水槽でも生体を絞ればいけそうです。
カクレクマノミが飼えればいいのだから何とかなりそう。サンゴまでは手を出すまいと
自戒して(私は常々自分には非常に甘いのでいつまでもつか・・)計画を立てます。
今回は珍しくかなり下調べをしました。
でも、そこはやっぱりアクアリストの常として少しでも大きい水槽が欲しくなります。
結局一式全て購入、当初の計画とは大違いです(汗)
e0115283_1351352.jpg

やっぱり水槽はADA(笑) このサイズにしては価格も手頃だったので。
買ってしまったもの
 ADAキューブガーデン45P(45×27×30)
 AXYキュート450(27W WB球)
 マメデザイン マメスキマー2(プロテインスキマー)
 スドーエデニックローター(水中ポンプ)
 サンゴ砂中目5kg
 エヴァリスオートヒーターハイブリッジ75
 インスタントオーシャンハイドロメーター(比重計)
以上チャームさんにて
 ライブサンド5kg
 マメスナイソギンチャク←マメサンゴイソギンチャクの間違いでした^^;(4/17訂正)
 クリーナー生体(クロナマコ・ヤドカリ・マガキガイ)
以上C.Pファームさんにて
その他ショップ巡りをして
エアポンプ、ライブロック、水温計(最高値、最低値が記憶できるデジタル式)など購入
しめて・・・・ン万円、淡水の教訓を生かしてなるべく納得のいく器具を揃えたつもりです。
ここで、「おや?フィルターは?」と思った方、鋭いです(笑)
海水は淡水とは異なり飼育スタイルが一定していないようで、
そう・・・ベルリン式(ナチュラルシステム)という方法があって
ろ過をライブロックとライブサンド、プロテインスキマー、水流のみで行う方式です。
(これも亜種が色々あるようで、人それぞれスタイルが違うようですが・・・)
上手く働けばほぼ無換水、足し水のみで維持できるという夢のような方法。
アンモニア→亜硝酸→硝酸→脱窒のサイクルが完結できる・・・らしい。
そう簡単にいくものではないでしょうが、サンプやらオーバーフローやらの
大仰な器具を設置するスペースはないので必然的にこの方法でいくことにしました。
といっても全く根拠のない自信が頼りです。もちろん予備のろ過装置は準備万端。
プロフィットフィルター(外掛け)もテトラAX-45(外部)も控えています。
実際色々なサイトを調べてみましたが、なかなかに難しいような・・・・。
でも、質の良いライブサンド・ライブロック、水温上昇と生体数に気を使えば何とかなる
と思っています。
素直にフィルター+換水でやればいいんでしょうけど、何せ置き場所に家具が密集しているので
なるべく海水をこぼさないよう換水は少なめにという後ろ向きな理由もあります(笑)

さて、ライブサンドと生体の到着に合わせて準備です。
3日前に器具のセット、2日前にライブロックを購入し念のためキュアリング。
ライブロックはショップにてお店の人にあれこれ聞きながら匂いも嗅ぎつつ
(良質のものは磯の香りがするそうで)レイアウトの相談もしながら購入です。
キュアリング時は人工海水を使い、コケ防止に当日全て天然海水に入れ替えをしました。
水道水には珪酸、リン酸が含まれていてコケの元になるそうなので、ここは奮発して
天然海水です。RO浄水器まではさすがに手が回らないので^^;
そして当日、予定通りにセット完了(^_^)/ ほっ
ものすごく気を使った一週間でした・・・やれやれ。
でもこれからが本番。とりあえず3日目、アンモニアもNO2も未検出です。
明日からNO3も測ろう。
いいかげん文字ばかりで疲れたので画像もアップ
e0115283_126242.jpg

プロテインスキマーの微細な泡・・・これが好きだったりします。
実はこれを使いたいがために海水始めたというウワサも(笑)

e0115283_114511.jpg

マメスナイソギンマメサンゴイソギン 名前の通りミニミニイソギンです。親指の爪くらいでしょうか。
当然いきなり生体入れるのはセオリーに反しているのですが、なにせ送料が高くて^^;
ライブサンドだけでは勿体ないので一緒に購入しました。
ライブサンド・ライブロック・天然海水 理屈からすればろ過機能の立ち上がりは早い筈だけれど・・。
いずれもかなり丈夫なようなので、頑張ってもらいたい^^;
しばらくは水質検査の日々になりそう。

なんだか大作になってしまいました。最後まで読んでくれる人いるのかな・・(~_~;)
[PR]

  by charm_of_aqua | 2007-04-11 01:37 | 45×27×30(マリンアクア)

<< 安定期へ 徒然 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE